ズワイガニとタラバガニの見分け方や味の違いとは?

一遍新鮮な花咲ガニに手を出したら、蟹の中でも類を見ないこってりとした味覚にはまるかも。なので、好物がプラスされるのですね。漁ができる時期が設定されているので、ズワイガニの旬と言えるシーズンは、だいたい12月前後で、シーズンを考慮しても引き出物や、おせちの材料として知られていると言えます。

味の良いタラバガニの区別方法は、外殻が強力なタイプや厚さが伝わってくるタイプが、身が豊富に詰まっている物になるそうです。良いきっかけがあった時点で、検証してみると納得できるだろう。前は、通信販売からズワイガニをお取寄せするという選択肢は、頭に浮かばなかったものです。

これというのは、インターネットが広まったこともその助けになっているからと考えられます。花咲ガニは希少なので、どの市場でも高額な買値となるのが普通です。通販であれば低価格と言い切れる価格ではないのですが、多少なりとも低めの代金でオーダーできる通販ショップもあります。タラバガニの不揃い品を取り扱っている通信販売のお店などでは、綺麗とはいえないものを格安で販売されているため、贈答用ではなく欲しいのでしたらお取寄せする意義はあります。

口に入れてみると特に独特の味のワタリガニのピークは、水温がダウンしてしまう秋後半から夏前までだと教えてもらいました。この頃のメスは特殊に美味なので、お届け物として利用されます。

とても有名な本ズワイガニの方が、特に甘みがあるだけでなく柔らかくて、日本でも輸入を行っている大ズワイガニの方は、淡白と言われる身が大きめなので、飛びつくように召し上がる時には高評価となっている。大抵、カニといえば身を召し上がることを想像してしまいますが、ワタリガニだと爪や足の身の他に、ボリューム満点の肩の身やカニミソを食べるが、とにかく新鮮なメスの卵巣はたまりません。

この花咲ガニの他と違う点は、水揚される花咲半島で豊かに棲息している海草、昆布に原因があります。主食を昆布としている獲れたての花咲ガニは、旨味を最大限に味わえるカニなのです。カニを通販で売っている商店はいろいろとあるのでしょうがよくよく見定めようとすれば、お得なお値段で良質なタラバガニをお取寄せできる販売ショップも無数にあるのです。

この季節、カニに目の色を変えるほど好きな日本の皆さんですが、特別にズワイガニが一番だという方は、たくさんいます。美味しいのにとても安いズワイガニの通販ショップを選び抜いて皆さんにご紹介。私はとにかく蟹に目がなくて、時期が来たのでカニ通販を使って毛ガニだけでなくズワイガニも届けてもらっています。

まさに今が美味しい季節ですので、遅くなる前に予約しておけば特価で手に入れることができます。美味しい蟹を通販から取り寄せる人を見かけることが多くなりました。ズワイガニはよしとして、毛蟹は、間違いなく毛ガニを扱っている通信販売で買わないと、家の食卓に並ぶことはありえません。話題の毛ガニ通販ですが、日本人として生まれたからにはチャレンジしてみたいものです。年明けに大切な家族と召し上がったり、震えるような時期カニいっぱいの鍋をみんなで囲むのも日本特有のものです。

かみさま〜!!蟹味噌をありがとう

大好物はカニみそ。自他ともに認める、カニみそ好きの私。

ある日、会社の飲み会で蟹が出てきたんです。
わー、なんて嬉しい。もう幹事さん、最高です!
しかもひとり1パイなんて、たまりません。

蟹っておいしいけど、けっこうみんな黙々と食べますよね。
だから会話が止まったりしながら。
でも、そのときは会話が止まることなんてなかったのです。

何故ならば
私の蟹の食べ方にみんな驚いていたからです。

カニみそ好きの私は、カニみそが食べたいがために、子供の頃から家族で蟹を食べる時は、みんなの蟹を剥いてあげていたのです。きれいに剥くから、そのかわりにカニみそちょうだい。

なんておねだりしていたら、なんとなんと、蟹を剥くのが上手になっていたんです。

冬になったらカニ通販は必ず利用しています。私のオススメのカニ通販紹介しておきます。
カニ通販 おすすめ

自分でもたくさんの蟹をさばいてきたな、とは思っていましたが、会社の皆さんが驚くほどとは、自分もびっくりしましたが、すごいねー、それ特技の欄に書けるよなんて笑いながら誉めてもらえたのは嬉しかったな。

そんなこんなで、まさかの会社の飲み会で出てきた蟹で、そんなふうに場が盛り上がるとは。

そしてなんと、世の中にはカニみそが苦手だという人がいるもんなんですね。

カニみそが欲しくてみんなの蟹を剥いていたからなんです、なんて言ったら、じゃあ俺のあげるよーなんて言ってくれる人がいて。あー神様!

蟹を剥かなくてもよくてカニみそを恵んでくれるなんて。
なんてすばらしい!

神様!
いやいや、カニ様!

札幌場外市場の蟹丼ぶり

蟹はたまに家族で鍋でいただくことがあります。「カニ鍋の沈黙」と、身を穿り出した時の充実感は、全国の家庭に共通の冬の情緒なのではないでしょうか(笑)蟹ピックの使い方を覚えたのは小学校も高学年になってからでしょうか。

忘れられない蟹といえば、もう7、8年前のことになりますが、札幌の場外市場で食べた時の海鮮丼です。場外市場には何か所か食堂があり、正確にはどこだったかは忘れてしまいましたが、朝から美味しい蟹丼ぶりを出してもらえました。

友人が頼んだイクラ・雲丹丼、私の蟹丼、いずれも東京辺りでは考えられないような、惜しみなく海鮮が乗った丼ものでした。やはり、ネタが新鮮なんですね。なんとも言えない味わいで、香り豊かなのです。

私はどちらかというと、磯くさいにおいはあまり得意ではなく、生臭さが鼻についてしまう方です。でもその時の蟹では、新鮮なだけに潮の香りがしたと思うのですが、全然苦手さは感じませんでした。ごはんのお代りを欲しくなったくらい美味しかったです!

札幌では、市場といわずお土産物店と言わず、そこかしこで蟹の詰め合わせを売っていました。どこに行っても蟹ばかりでした(笑)今度行ったら絶対にクール宅急便で自宅に送ります!

近くにあるカニ料理のお店と家で食べるカニ

カニと言えば大体の人が、大好きだと思います。家の近くにカニ料理の専門店があります。そこはカニづくしの料理でお客さんをもてなすお店があります。全ての料理にカニが使っています。

カニで作ったシューマイや、カニで作った寿司や、カニのすまし汁、カニの天ぷら、一人用のカニ鍋、もちろん蒸した普通のカニとか、生のカニもついています。色々とコースになっており、だいたい。3,000円くらいからでいろいろなカニ料理のセットが食べられます。

このお店で私の家では、知人が来たときに一緒に食べに行ったり、法事の時に使ったり、誕生日の時に使ったりしてとても重宝しています。

すべての料理がとても美味しく、満足していつも家に帰っています。カニと言えば北海道というイメージがありますが、北海道まで行かなくても、十分こちらで楽しめます。

家でたまにカニが食べたいなぁって思うときは、業務用のスーパーがあるのですが、そこで足がいっぱい入ったカニが売ってあります。それを家でボイルして、ポン酢をつけて食べています。このたび方もとても簡単で、そしてとてもおいしくて気に入っています。カニの殻は臭くなるので、ナイロン袋を二重にして、においが出ないように気をつけています。

いずれにしても昔よりカニが身近に食べるようになったなーって嬉しく思っています。